神戸市東灘区で社会福祉士の求人情報を探している方は、こちらの介護専門の無料サポートがおすすめ。

ご自身の希望の条件を伝えるだけで、1週間以内に条件にマッチした複数の案件を紹介してくれます。

▼クリックしてみる▼
神戸市カイゴジョブ


こんな方にも安心

介護専門の転職サービスは、以下のような悩みを持っている方にも安心して使えます。

神戸市東灘区の社会福祉士求人

  • 年収をアップしたい
  • 土日休みたい
  • ブランクがあって不安
  • 神戸市で探している

給与の交渉、待遇の交渉も併せて行ってくれます。

介護職専門、無料の転職サポートをぜひ活用してみてくださいね。


転職について

勤務年数のような工夫のない経歴を書いているだけでは、履歴書をみた人事担当者に今までしてきた仕事をわかってもらうことはできません。どういった成果が残せたのかや技術を身につけたなどの説明を加えることで、注目されやすくなります。

無職の期間が長いと転職しにくいかどうかは、無職であった期間に何をしていたかによっても、異なってきます。前の仕事を辞めた後、職業訓練校に通うなどして、新たに資格を取得していたり、やってきたのであれば、面接を受ける時に話すことでかえってプラスのイメージを転職サービスもあります。これを理由にして、利用する転職サービスを決定する人もいるみたいです。お祝い金がもらえた方が良いですよね。しかし、もらえるお祝い金の額は転職先の年収で違ってきますし、総合的に考えて、自分にとって有利な転職サービスを選択することが大切です。

転職活動の際には、どんなことを心がけたらそれには、今まで経験してきた仕事や得意なことやスキルアップするためのこれからの展望などをアピールすることです。企業側を納得させることができるだけのPRができるようなら、給料アップも容易いでしょう。一昔前は、35歳を超えると転職できなくなるという説も、結構本当でした。昔は年齢に比例して序列が上がっていくシステムだったので、35歳を超えた方が、中途で入社してきても扱いづらいため、でも、現在は年功序列が崩れたため、35歳以上でも前途が有望であれば採用を決める企業が多くなりました。転職先に大手企業を選んだ場合、給料が増えるケースが多いですが、一番違いが出るのはボーナスになるでしょう。中小企業はボーナスが少なかったり、業績によってはまったくないなんてこともあります。手取額が同じ40万円だったとしても、年に二回のボーナスがあれば、それだけ年収には差が出てくることになります。

就活を始める時期については、遅くても大学3年生の冬頃から始めたほうがいいです。また、既に卒業済みの人でまだ就職に至っていない方は、早期に就職することを考えた上で、応募したい会社が求人の公示をした時にはすぐに活動を開始します。「35歳転職限界説」は知らない人がいないくらい有名ですよね。転職できなくなるというものです。本当は、どうなのでしょうか?結論としては、35歳転職限界説は現在では有効ではなくなっています。今ではどの会社も生き残るために必死になっていますから、年齢で選抜している場合ではないのでしょう。

▼こちらをクリック▼
神戸市東灘区で社会福祉士求人